男のスキンケア/ファンデーションとBBクリームはどう違う?

男性のスキンケアにファンデーションを活用する。そんな美意識の高い強者が現れ始めました。その流れを受けて、スキンケアメーーカーもあれこれ工夫を凝らしたアイテムを市場に投入しています。

 

そんなアイテムの中には、BB、あるいはCCクリームなる物があるのですが、これなんだかご存じですか?実は、ファンデーションの代わりに肌をきれいに見せるメイクアイテムなのです。

 

これらBB、あるいはCCクリームは元々、ファンデーションとは似て非なる存在でした。しかし今、この垣根が取り払われたかの如く、違いが分かりにくくなってきていて、どんな風に使い分けするべきかわからないという意見も多数出てきています。

 

そこで今回は、ファンデーション・BBクリーム・CCクリームの違いと使い方についてご紹介いたします。

 

【ファンデーションとBBクリームはどう違う?】

≪BBクリームとは≫

ドイツ発のBBクリームは、韓国を経由して日本に入り、その便利さが働く女性に受け入れられ、日本国内で爆発的な人気を博しました。

 

BBクリームの「BB」とは、「Blemish Balm/ブレミッシュ バルム」の略で、直訳すると、「傷を修復する軟膏」という意味を持っています。

 

元々は、医療ピーリングや整形後の繊細な状態の肌を紫外線ダメージから守りつつ、きれいに見せるために作られたのがBBクリームなのです。

 

そのBBクリームが美容・整形大国である韓国にわたり、さらなる進化を遂げて日本に入ってきたという訳なのです。

 

≪ファンデーションの定義≫

元々、ファンデーションがもつ機能は「肌をカバーして、きれいに見せる事」だけでした。しかし、BB・CCクリームの登場でその形を変え、美容液ファンデーション・多機能型ファンデーションとして生まれ変わっています。

 

≪BBクリームの定義≫

BBクリームは元々、美容液・日焼け止め・ファンデーション・化粧下地などの機能をひとまとめにした機能を持つクリームで、すべての機能を持ち合わせている分、ファンデーションに比べるとカバー力は劣るといわれていました。しかし、多機能ファンデーションが台頭してくる今、各メーカーの研究と努力により、その機能はどんどん向上し、今やその欠点すら克服する存在となりつつあるのです。

 

≪BBクリームとCCクリームの違い≫

BBクリームの後を追うようにして登場したのがこのCCクリームです。実は、BBクリームとCCクリームの違いには、今のところ明確な定義はありません。

 

その理由は、メーカーがどのようなコンセプトで製造するか、それ次第といった側面があるためで、「これこそがCCクリームだ!」と言い切れるほどの基準が明確になっていないのです。

 

ですので、BBクリームとの違いは、どれか一つのメーカーの商品に絞り、比較した内容で判断してみましょう。

 

BBクリームとCCクリーム双方の機能としては、美容液・下地・ファンデーション機能は双方持ち合わせています。BBクリームには日焼け止め効果を明記していますが、CCクリームにはその記載はありません。

 

実際の使用感としては、カバー力で言えばBBクリームに軍配が、自然な仕上がりと肌への優しさという意味で言えば、CCクリームに軍配が上がる結果となりました。

 

つまり、いずれもオールインワンタイプのベースメイクアイテムですが、BBクリームはファンデーションに近く、CCクリームはスキンケアアイテムに近い存在だという結論になりました。

 

≪ファンデーションとBBクリームの違い≫

BBクリームは、洗顔後すぐに肌に乗せてもOK。つまりスキンケアと同時にベースメイクが完了するというのが最大の特徴です。

 

一方ファンデーションは、スキンケアで整えた後に肌につける・スキンケア後の肌に下地クリームや日焼け止めを重ねてから、ファンデーションを肌に乗せる。これが一般的なファンデーションの付け方です。

 

年々多機能になり、美容液配合・紫外線カット効果の高さなどが付加されてはきましたが、今の段階では、ファンデーション前にはスキンケアは必須です。

参照先サイト様:サエルの口コミは事実?トライアルセットでサエルの効果を調べてみました

≪BBクリーム・CCクリーム・ファンデーションの使い分け≫

<ファンデーション>

ファンデーションは、スキンケアとは別の扱いになりますので、仕上げるまで少々手間はかかりますが、カバー力・崩れにくさ・紫外線対策効果をかなえつつ、肌をしっかりときれいに見せてくれますので、しっかりきれいに仕上げたいならばファンデーションがおススメです。

 

<BBクリーム>

手軽に仕上げたいならばBBクリームがおススメです。ある程度妥協しつつも、ファンデーションに近い機能を実現してくれます。

 

<CCクリーム>

手軽に簡単に仕上げたいならば、CCクリームがおススメ。カバー力や紫外線対策機能には劣りますが、その分肌に優しいのがCCクリームです。カバー力よりも、スキンケア効果に重点を置くならば、選ぶべきはCCクリームです。

 

【まとめ】

男性にとって、ファンデーションを選ぶだけでも大変。何を選ぶべきかわからないなんてことが当然だと思います。そこにBBクリームやCCクリームなどの選択肢が増えてしまえば、余計に混乱する事も当然。

 

どれを選ぶべきか?は、どうなりたいのか?普段の生活にどれなら取り入れることができるか?など、ビジョンと現実を融合させて選択してみて下さい。きっと、これだ!といえる結論を導くことができると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です