男のスキンケア/ファンデーションとBBクリームはどう違う?

男性のスキンケアにファンデーションを活用する。そんな美意識の高い強者が現れ始めました。その流れを受けて、スキンケアメーーカーもあれこれ工夫を凝らしたアイテムを市場に投入しています。

 

そんなアイテムの中には、BB、あるいはCCクリームなる物があるのですが、これなんだかご存じですか?実は、ファンデーションの代わりに肌をきれいに見せるメイクアイテムなのです。

 

これらBB、あるいはCCクリームは元々、ファンデーションとは似て非なる存在でした。しかし今、この垣根が取り払われたかの如く、違いが分かりにくくなってきていて、どんな風に使い分けするべきかわからないという意見も多数出てきています。

 

そこで今回は、ファンデーション・BBクリーム・CCクリームの違いと使い方についてご紹介いたします。

 

【ファンデーションとBBクリームはどう違う?】

≪BBクリームとは≫

ドイツ発のBBクリームは、韓国を経由して日本に入り、その便利さが働く女性に受け入れられ、日本国内で爆発的な人気を博しました。

 

BBクリームの「BB」とは、「Blemish Balm/ブレミッシュ バルム」の略で、直訳すると、「傷を修復する軟膏」という意味を持っています。

 

元々は、医療ピーリングや整形後の繊細な状態の肌を紫外線ダメージから守りつつ、きれいに見せるために作られたのがBBクリームなのです。

 

そのBBクリームが美容・整形大国である韓国にわたり、さらなる進化を遂げて日本に入ってきたという訳なのです。

 

≪ファンデーションの定義≫

元々、ファンデーションがもつ機能は「肌をカバーして、きれいに見せる事」だけでした。しかし、BB・CCクリームの登場でその形を変え、美容液ファンデーション・多機能型ファンデーションとして生まれ変わっています。

 

≪BBクリームの定義≫

BBクリームは元々、美容液・日焼け止め・ファンデーション・化粧下地などの機能をひとまとめにした機能を持つクリームで、すべての機能を持ち合わせている分、ファンデーションに比べるとカバー力は劣るといわれていました。しかし、多機能ファンデーションが台頭してくる今、各メーカーの研究と努力により、その機能はどんどん向上し、今やその欠点すら克服する存在となりつつあるのです。

 

≪BBクリームとCCクリームの違い≫

BBクリームの後を追うようにして登場したのがこのCCクリームです。実は、BBクリームとCCクリームの違いには、今のところ明確な定義はありません。

 

その理由は、メーカーがどのようなコンセプトで製造するか、それ次第といった側面があるためで、「これこそがCCクリームだ!」と言い切れるほどの基準が明確になっていないのです。

 

ですので、BBクリームとの違いは、どれか一つのメーカーの商品に絞り、比較した内容で判断してみましょう。

 

BBクリームとCCクリーム双方の機能としては、美容液・下地・ファンデーション機能は双方持ち合わせています。BBクリームには日焼け止め効果を明記していますが、CCクリームにはその記載はありません。

 

実際の使用感としては、カバー力で言えばBBクリームに軍配が、自然な仕上がりと肌への優しさという意味で言えば、CCクリームに軍配が上がる結果となりました。

 

つまり、いずれもオールインワンタイプのベースメイクアイテムですが、BBクリームはファンデーションに近く、CCクリームはスキンケアアイテムに近い存在だという結論になりました。

 

≪ファンデーションとBBクリームの違い≫

BBクリームは、洗顔後すぐに肌に乗せてもOK。つまりスキンケアと同時にベースメイクが完了するというのが最大の特徴です。

 

一方ファンデーションは、スキンケアで整えた後に肌につける・スキンケア後の肌に下地クリームや日焼け止めを重ねてから、ファンデーションを肌に乗せる。これが一般的なファンデーションの付け方です。

 

年々多機能になり、美容液配合・紫外線カット効果の高さなどが付加されてはきましたが、今の段階では、ファンデーション前にはスキンケアは必須です。

参照先サイト様:サエルの口コミは事実?トライアルセットでサエルの効果を調べてみました

≪BBクリーム・CCクリーム・ファンデーションの使い分け≫

<ファンデーション>

ファンデーションは、スキンケアとは別の扱いになりますので、仕上げるまで少々手間はかかりますが、カバー力・崩れにくさ・紫外線対策効果をかなえつつ、肌をしっかりときれいに見せてくれますので、しっかりきれいに仕上げたいならばファンデーションがおススメです。

 

<BBクリーム>

手軽に仕上げたいならばBBクリームがおススメです。ある程度妥協しつつも、ファンデーションに近い機能を実現してくれます。

 

<CCクリーム>

手軽に簡単に仕上げたいならば、CCクリームがおススメ。カバー力や紫外線対策機能には劣りますが、その分肌に優しいのがCCクリームです。カバー力よりも、スキンケア効果に重点を置くならば、選ぶべきはCCクリームです。

 

【まとめ】

男性にとって、ファンデーションを選ぶだけでも大変。何を選ぶべきかわからないなんてことが当然だと思います。そこにBBクリームやCCクリームなどの選択肢が増えてしまえば、余計に混乱する事も当然。

 

どれを選ぶべきか?は、どうなりたいのか?普段の生活にどれなら取り入れることができるか?など、ビジョンと現実を融合させて選択してみて下さい。きっと、これだ!といえる結論を導くことができると思います。

【美肌を目指すスキンケア】これが正解!正しい洗顔方法を伝授/前半

スキンケアの基本ステップは、クレンジング→洗顔→保湿。クレンジングではオイル成分の汚れを落とし、洗顔では、肌に残ったクレンジング成分や皮脂などの汚れを落とす。こうして清潔になった肌に、自分にとって最適のアイテムで保湿を行う。

 

これらのどれが欠けても美肌を目指す事はできません。

 

今回は、この中から「洗顔」にフォーカスします。肌を清潔に保つには、正しい洗顔は必須です。ここでは、洗顔の目的・洗顔料の選び方・正しい洗顔方法・正しい洗顔習慣・間違った洗顔習慣についてご紹介いたします。

 

【正しい洗顔で美肌の基礎を作ろう!】

正しい洗顔できていますか?こう聞かれて胸をはって「YES」そう答えられるなら、きっとあなたの肌は美肌なのでしょう。

 

そんな想像ができるほど、スキンケアにとって洗顔は重要なファクターです。なにせ、クレンジング後の洗顔で、どれだけ肌の状態を清潔に戻せているのかが、次のステップで行う保湿の効果を決めるのですから。

 

≪洗顔の目的は肌を清潔に保つ事≫

通常、私たちが洗顔を行うのは、朝と夜の2回。どちらの場合も、きっちりと洗顔料を使って汚れを落とす必要があります。

 

朝はぬるま湯か水で洗うだけ。そんな意見も根強く残っていますが、基本的にはこれはNG。肌は寝ている間にもたくさんの汗をかく・皮脂が分泌されるなど、案外汚れています。肌質によっては、寝起きの顔が皮脂でべたべたなんて事も。

 

肌の清潔を保つためには、朝も洗顔料できれいに汚れを落としてから、保湿を行い、メイクをしましょう。

 

ただし、これには例外も。乾燥肌が酷い・敏感肌になっている場合には、洗顔料の使用は控える事もあります。その判断は肌のコンディション次第です。

 

洗顔料を使った時と使わない時では、どちらが肌のコンディションが良いか、しっかりと観察をした上で行いましょう。

 

≪洗顔料を使わないデメリット≫

朝の洗顔で洗顔料を使わない場合には、汚れや余分な皮脂を落としきれません。こうなると、余分な皮脂が原因で雑菌やダニが繁殖する・過剰な皮脂が酸化するなど、肌トラブルに発展したり肌の老化を促進してしまいます。

 

≪洗顔料は固形石鹸が一番≫

スキンケアアイテムは実に多彩になり、洗顔料1つとってもたくさんの種類があります。チューブに入ったペースト状の物・パウダータイプ・泡タイプ・固形石鹸・ミルクタイプ・そして、夜専用のオールインワンタイプのクレンジング。

 

それぞれにメリット・デメリットがありますが、肌への優しさと清潔を保つための洗浄能力の両方を求めるならば、選ぶべきは「固形石鹸」です。

 

固形石鹸以外の洗顔料の殆どは、その状態を維持するための合成の添加物が入っています。合成の添加物は、肌内部の角質層にまで浸透し、肌への刺激材料となる場合が少なくありません。

 

こういった、肌への無駄な刺激やストレスを避けるためには、極力合成の添加物を含まない洗顔料が望ましいのです。

 

それを実現しているのが、固形の「純石鹸です」。石鹸にも色々な種類がありますが、「純石鹸」を選べば合成の添加物はゼロですし、界面活性剤も天然の物を使用しています。なので、肌に最も優しいのが「純石鹸」なのです。

 

≪特別な成分はモッタイナイかもしれません≫

美白・保湿効果・引き締め成分など、本来は洗顔後におこなう保湿や美容液に含まれている成分が含有されている石鹸があります。実に魅力的ではありますが、実はこれモッタイナイのです。

 

洗顔している時には、少なからずそれらの成分が肌に付着、あるいは肌内部の角質層に浸透します。しかし、その後のすすぎの段階で、これらの成分の殆どは流れ落ち、肌には残りません。

 

つまり、一瞬の満足は得られるけれども、肌に影響を与えるほどの効果は望めないと言う事なのです。

 

それでも安価であればいいのですが、こういった成分を含む洗顔石鹸の多くが高価格帯となっています。

 

それではさすがにモッタイナイと感じるならば、石鹸に特別な成分を求める必要はありません。それよりも、添加物が入っていない・洗浄力が確か・合成の界面活性剤を使用していないなど、肌への刺激や悪影響がなく、清潔を保つための洗浄力を備えた物を選択しましょう。

 

≪残念ながら、弱酸性はほとんど無意味なのです≫

肌に優しい洗顔料の代表が弱酸性のアイテムです。しかし、残念ながら、日本の水道水は中性。ですので、肌と同じ成分の弱酸性成分の洗顔料を使用しても、水道水を使う事でその効果が消されてしまいます。

 

ただし、効果が全くの「ゼロ」とは言い切れませんので、乾燥肌・敏感肌ならば、弱酸性の洗顔料を選択するのも安心材料になるかもしれませんね。

洗顔とプラスで実践したいスキンケアはこちら

【まとめ】

正しい洗顔方法についてお伝えしました。

 

前半では、洗顔の目的・洗顔料を使う理由・選ぶべき洗顔料のタイプとその理由についてご紹介して参りました。

 

後半では、正しい洗顏方法と身に着けるべき洗顔習慣・間違った洗顔習慣についてご紹介します。ご期待ください。